【雑記】秋の即売会を終えて

December 11, 2016

活字需要は相変わらず低迷気味の日本 …。

 

 

4ヶ月ぶりになります。
赤城のくです。

更新がまちまちですが、そんなことよりも肝心なクロノの新作を落としてしまい申し訳ありませんでした。

こちら、当初は急ぎ製作し冬コミに委託しようと考えていたのですが、
当方自分を冷静に観察しまして「今突貫で製作して形だけだしてそれでいいんだろうか?」と思うところが強くありまして、本年の頒布を断念するに至りました。重ねて謝罪申し上げます。

この「クロノ」頒布が困難になったのには、ひとつ訳がありまして。
と言いますのも、片手間で参加しようと考えていた文学フリマでの収穫が大きかったことが挙げられます。
結果的に無名且つ初頒布ながら本が捌けまして。おまけに、こちらに至りましては書店委託も決まったことから優先的に続編を執筆していく必要が出たためです。

まさか、ここまで大風呂敷広げるとは露にも思っていませんでしたので、来年からのスケジューリングも見直している最中であります。

​こちらに関しましてはブログで言及したいと思います。
とまあ、ネガティブな話が先行してはいますが、一次創作が受け入れられたというのは自称ライターとしては喜ぶべきなのでしょうか。なかなかに難しいところでありますね。
とは言え書店委託が決まりました。これを足がかりに「クロノ」委託も出来ればと考えていますので、これからも何卒宜しく御願い申し上げます。

それでは、今度は年始頃お会いしましょう。

 

Please reload

Mensajes recientes

September 18, 2017

Please reload

Please reload

Search By Tags

© 2014-2019 by Realista Libro

​   WEB DESIGN 赤城のく

​       ILLUSTRATION  瞳元